山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日216】 川村氏とミクロテックス

すでに10日ほど前に、書店には10月号が並んだのですが。。。。
少し前に書きかけて、ほったらかしになっていたものに少々手を加えてみました。



岳人9月号に、川村晴一氏のインタビューが載ってました。
10代の半ば、憧れた人たちの中の1人です。
小西政継、加藤保男、山田登、森田勝、長谷川恒夫・・・・・・・。
川村氏の全盛期、今思い起こしても、そうそうたる人たちがいました。
私にとっては、すべて憧れたものです。

当時のヒマラヤとか8000メートルといった高峰。
「無酸素」とか「厳冬期」とか「新ルート」といった言葉がキーワードだったように思います。
今や、「商業登山」「高齢記録」といったところでしょうか。。。。



さて、インタビューを読んで。

山の世界と、20年以上、縁を切っていたとか。
知らなかった。。。。。。。
道理で名前を見聞きすることがあまりなかったわけだ。。。。。

小西政継氏との人間関係のもつれが原因の一端のように書いてありました。
また、山との関わりを取り戻したきっかけは、山仲間との再会。

山を通じての人のつながり。
離れていくときも戻ってくるときも、その力が大きかったんだなぁと。


当時使われたピッケルと登山靴の小さな写真がありました。
捨てられず、自宅で持ち続けていたのでしょうね。。。。


一時代を築いた人の言葉。
結構、響くモノがありました。



以下は余談ですが。。。。

川村氏がエベレストの隊長をしたとき(1983年だったかな?)のこと。
川村隊が使用したテントの大きな広告が、山岳雑誌を飾っていたのを覚えています。
(私の記憶が正しければ・・・と言う感じです)

「ミクロテックス」という防水透湿素材で、「通気性アリ」というのがウリだったと思います。
ミクロのテントは通気性があるため、中で煮炊きしても大丈夫、みたいなことが書いてあったような。。。。。

一方、これに対抗するように「ゴアテックス」も大きな広告を打っていました。
こちらは「ヒートロス」をキャッチコピーにしていたと思います。
通気性があると保温性が失われ、冬季には向かない…みたいな内容だったか。。。。

専門的なことはよく分からないのですが、ミクロもゴアも同様の素材だったため(?)裁判になりました。
その結果、ミクロテックスは登山用品の市場から姿を消しました。

ミクロかゴアか。
仲間内ではそんな話が時折出ていました。
ただ実際は、お金のない学生のこと。
ミクロだのゴアだの言っても、議論だけで買えないまま。
カッパといえば、防水のみのハイパロンしか買えませんでした。
バイト代が入って、何とか手にすることができた防水透湿素材のカッパといえば………
「エントラント」でした。
透湿性能はゴアよりも格段に落ちるのですが、ハイパロン育ちの私には、目からウロコでした。

結局、ゴアのカッパを初めて手に入れたときには、ミクロ製品はありませんでした。


ミクロテックス。
今じゃ知らない人もいるのかなぁ。。。。。。。

裁判でいろいろあったにせよ、中で煮炊きしても大丈夫なテント。
以前に書いた一酸化炭素中毒の話からすると、結構、今でもニーズはあるかも知れませんね。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/09/26(金) 23:54:25|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日217】 多忙の秋 | ホーム | 【日々是好日215】 7・8月の遭難統計>>

コメント

余談の方ですいません・・・

ミクロテックス。
懐かしいですね。記憶の遥か彼方にありました。
裁判で負けて無くなったとは知りませんでしたが。
通気性と言うことは、第一世代ゴアとの争いだったのでしょうか。
今、普通に使われているのは通気性は無いですから、確かに用途はあるでしょうね。
ただ、モンベルのツェルトで第一世代のを使ったのがありますが、他では余り見ないと言うことは扱いが難しいのでしょうか・・・。
テントとしては厳しいのでしょうかね・・・。
  1. 2008/09/27(土) 08:50:16 |
  2. URL |
  3. HOKUTEN #99DFA69w
  4. [ 編集]

HOKUTENさまへ。

余談の方でも結構ですよ!

確かジャパンゴアテックスが日東電工(ミクロテックスのメーカー?)を訴えた裁判だったように記憶しています。
その結果、特定分野をのぞいて、市場から姿を消したように覚えています。

>通気性と言うことは、第一世代ゴアとの争いだったのでしょうか。

恐らくそうだと思います。

通気性のある防水透湿素材、それなりのニーズはあると思います。
ですが商品化に当たっては、なかなか難しいのかも知れませんね。
ユーザーとしては、選択肢が多い方がいいと思います。
販売実績などで淘汰されたりするのはやむを得ないのですが。。。。。
  1. 2008/09/28(日) 21:58:52 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/472-bb511baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。