山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ156】 立山・室堂で男性凍死


【概要】
22日午前9時40分ごろ、富山県の北アルプス・立山連峰の室堂山荘付近で、栃木県野木町の無職男性(67)が雪の中で死亡しているのを山荘関係者が見つけた。道に迷い凍死したとみられる。男性は山スキーのツアーに参加するため、21日に長野県側から立山に入り、室堂ターミナルから室堂山荘に向かった。夕方になっても集合場所の山荘に現れず、ツアーのガイドが届け出て、県警山岳警備隊などが捜索していた。遺体が見つかったのは室堂山荘に隣接する旧室堂山荘の軒下で、男性は座り込むように倒れており、下半身は雪に埋まっていた。現場の積雪は約2メートル70で、うち21日夕から22日朝にかけて約40センチの降雪があった。21日夕から22日朝の現場付近の気温は氷点下10度以下で、吹雪で視界は最大でも5メートルほどだった。男性は、大学時代には山岳部に所属するなど、登山のベテランだった。
(読売新聞、毎日新聞、産経新聞、北日本放送よりデータ引用・抜粋)


【考察】
室堂ターミナルから室堂山荘。
直線距離でわずか数百メートルしかありません。
無雪期なら視界が悪くても、立派な石畳の道をたどってあっという間に着いてしまいます。
夏なら観光とか散歩とか周遊といった感じのところでしょうか。

しかし、そういった場所でも、事故は起きてしまう。
ポイントの一つだと思います。

目と鼻の先に、暖かい営業小屋があったのに。。。。。
ターミナルを出てから、ほんのわずかの距離しか移動していないのに。。。。。
あまりにも残念な結果になってしまいました。




11月の連休、アルペンルートの営業終盤。
例年、予約を入れておかないと、小屋に泊まるのも難しいと聞いたことがあります。
山スキー・ボードのシーズン始めに、絶好の場所ですので多くの人が集まるのでしょう。

小屋止まり・ツアー。
まずおそらく、小屋をベースにして行動する形態だろうと思います。
となると、重装備でないと考えるのが自然かと思います。

今回のような事態を想定するなら「室堂ターミナル→室堂山荘」というルートですら、ビバーク装備が必要、ということになります。
実際に、そこまでの装備を持って行動している人がどれだけいるだろうか?
自分だったとしても、結構、軽装で行動していたと思います。


室堂周辺の起伏のある地形。
風が巻くこともあり、ホワイトアウトしてしまうと、なかなか方向感覚がつかめません。
しかし、亡くなった方は、ほぼ間違いなく予定地点に向かったのだと思います。
ですので、「道に迷い」ではないんじゃないかとも思います。

しかし、たどり着いた小屋は、開いていなかった。
実際にはすぐ横に、営業小屋があったのに、それには気づかなかった。。。。。

これは、視界がなく吹雪いていれば、ほんのわずかな距離にある対象物にすら気づかないことがある、ということです。
積雪期には、十分注意しておくべき点だと思います。




ツアーの集合場所について。
室堂山荘ではなく、ターミナルにすることはできなかったんだろうか?

ターミナルというのは「下界」と「山」の境目にあると思います。
また、そこを集合場所にしていれば、今回の事故は起きていなかったのではないかと思います。
となると、なぜターミナルにしなかったのか、という疑問が出てきます。

今回の件、参加者の自己責任で片づけていい問題だろうか?
集合場所の設定に問題はなかったのだろうか?

実際に同じ日程で室堂山荘宿泊でも、ターミナル集合のツアーもありました。
ですので、よけいにその疑問が大きくなってきます。

今回の業者は、この事故にどういう対応をするのだろう。。。。。
業者名は報じられていないので、今のところ、知るよしもありませんが。。。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/28(金) 00:13:14|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日223】 出張 | ホーム | 【山の写真集4】 お持ち帰りください。。。。>>

コメント

前日から別の立山のツアーに参加していたものです。
前日の朝、ガイドから連絡を受け、ターミナルまで宿(みくりが池)の従業員に迎えていただきました。当日も風がきつく、視界のない状態で滑走は中止、ターミナル横で雪崩講習のみ行いました。
みくりが池まで竹竿が立ててあり、行けないことはなかったですが、池の横では雪庇が発達し危険な場所がありました。遭難事故が発生しそうな緊迫感は感じていましたが・・・。
  1. 2008/11/28(金) 08:32:22 |
  2. URL |
  3. きこり #-
  4. [ 編集]

きこりさまへ。
はじめまして。

かなり天気が悪かったようですね。。。。
滑走中止は残念でしたが、お天気が悪いなら、それも仕方のないことですね。。。

きこりさまが参加されたツアー。
>前日の朝、ガイドから連絡を受け、ターミナルまで宿(みくりが池)の従業員に迎えていただきました。

現地集合であっても、天候によってはこのような「配慮」があってもいいと思います。
亡くなった方のツアーには、それがなかった、ということになるでしょうか。。。。

そういう意味では「防ぎ得た事故」だったのではないかと考えています。

何ともやりきれなさが残った事故でした。。。。
  1. 2008/11/28(金) 16:23:22 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/486-a5f927d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。