山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日223】 出張

師走に入り、職場もバタバタし始めました。
ちょっと行ってこい、と、出張の業務命令。
行き先は・・・四国。。。。。。
正月には帰省するので、なんだかなぁ。。。。。

日本海側なら、カニでも食べてくるんだけれど。。。。。
(結局、毎度のごとく、うどんを食べて帰りました)



新幹線を岡山で降り、瀬戸大橋線・快速マリンライナーへ乗り換え。
昼間の電車で地元に帰るのなんて、何年ぶりだろう。。。。。
ここのところ15年ほどは、いつも車、しかも夜だったなぁ。。。。
今回はゆっくりと景色でも眺めようか。。。。

かつては宇野線&宇高連絡船で、岡山・高松間はほぼ2時間かかっていました。
橋がついてからは1時間弱。
早くなったもんです。



巨大な橋を渡ると、讃岐平野が広がる故郷の地。

車窓に讃岐富士(飯野山)が見えてくる。
讃岐富士
平地にポコッポコッとおむすび山のような山が盛り上がる独特の地形。
平野部と斜面の境界が、割とはっきりしているのも特徴。
讃岐平野にはこんな山が多い。
(登山の対象としては、微妙だけれど。。。。それでも登ってたんだよなぁ)



平野部を海に置き換えると、瀬戸内海そのものといった感じがする。
あのおむすび山のいくつかは、かつては島だったんだろうか。。。。



生まれ育った地の風景、眺めていると、落ち着くというか、安心するというか。。。。。




狭い四国でも、場所によって山の表情は全く違います。
信州でも、伊那谷と木曽谷では、それぞれ独自の風景。
きっと、日本中、いろんな所にいろんな山の風景があるのでしょう。



讃岐平野の風景は、讃岐平野にしかない。
それを眺めて、それに浸っていられるのは、そこで生まれ育ったから。。。。。


人それぞれの原風景って、そんなものなのかも知れませんね。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/12/07(日) 22:00:20|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日224】 寂しい話 | ホーム | 【遭難カルテ156】 立山・室堂で男性凍死>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/487-c15c1574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。