山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日225】 山と渓谷1月号

山と渓谷1月号。
別冊付録ほしさに毎年買ってしまいます。
(普段は立ち読み・図書館。気が向いたときだけ買う。。。)
でもなぁ・・・・990円って、ちょっと高いよなぁ。。。。。


ま、それはさておき。
大特集 山の論点2009。
興味深く読みました。


「山の遭難は、これからも増える? 中高年登山者の遭難多発」(P44)

警察庁データからの考察が並んでいます。
ここのブログでも何度か述べたように
「遭難者中の割合」
「死者・不明者中の割合」
「50代後半から60代に集中」
など、ほぼ同じ内容でした。

「母数となる登山者数が分からないために・・・・」
メディアであるなら、もう少しその辺の数字をつかむ努力というのはできなかったのか。
もしくは、努力したけれどなかったのか。。。。。。
はっきりした数字がない以上、それに触れられない、というのは分かります。
ですが、一方で
「30~40代の登山人口が増加のきざしを見せ始めた」
とあります。
これの根拠となるデータはどこに????
ここだけ感覚的なものであったとすると、なんだかなぁ。。。。

「登山雑誌やガイドブック、インターネットなどの登山情報は、遭難防止の観点を重要視しながら(中略)リスク情報を取材して正確に伝えてほしい。」
それはねぇ。。。。。
ネットの個人サイトには求めるだけ無理。
登山雑誌やガイドブックについていえば、山と渓谷自体のこれまでがどうでしたか?
なんて、つい言ってしまいますが。。。。

業界関係者アンケート(P48)で、岐阜県警高山署が高齢者やツアー登山に厳しいコメントを出しています。
実際に通報を受け、救助・捜索に携わる立場からすると、いろいろな思いがあると思います。
きちんと受け止めるべきだなぁ。。。。と。



「ガイド登山・ツアー登山の今 安全面への取り組み」(P50)

ヤマケイが一番、弱腰(?)になるジャンルですな。。。。
とかくマイナス面に触れることは避ける傾向があるように思います。

「全国的な公益団体といえるのは日本山岳ガイド協会だけである」

えっ?
アルパインガイド協会はちがうの?
脱退・分裂のこと、知らないわけじゃあるまいに。。。。。

相変わらず客の自己責任について締めくくっています。
客といえど責任があるのは当然。
ですが、ガイド・ツアー会社の側の問題点には、ほぼ触れずじまい。
なんだか、毎度ながらの物足りなさといったら。。。。。



「山の『有料化』進んでます 入山料・協力金問題の現状と今後」

こういう問題に手をつけたこと自体は評価。
保全や規制など、もっと議論されてもいいと思います。

個人的には、山域や法律の区分などによっては、やむをえないと思います。
ただし、使用目的を明確にし、金の流れを透明にする必要はあるかと思います。
何のために払い、どのように使われているか。
それを分かりやすく、ということです。

ただ、国立公園法などの縛りがない私有地になると、話は複雑になります。
各地の岩場で、クライマーと地主の間にトラブルがおき、立ち入り禁止になったケースもあります。
有料化で解決する問題ではないかもしれませんが、ひとつの方法ではあるかもしれません。
ただ、透明性や使途の明確化は求めるのは難しいと思いますが。。。。

業界関係者アンケート(P60)。
オーバーユース問題に関するものです。
「トレラン大会が登山道を壊す」「解決策はない」など、興味深いものでした。
気になったのは「いろんな山に目を向けてほしい」の山岳ガイド岩崎元郎氏。
全文を引用します。
「日本百名山は魅力的な山ばかりだからこだわってもよい。しかし、ブランドの呪縛から自らを解放し、いろんな山にも目を向けてみたらどうか」
百名山への集中を肯定しつつ・・・と読めました。
コレじゃあ、何の解決にもならないのでは?
さらに「ぼくの新日本百名山」なる後出しブランドを自ら作っておきながら、「いろんな山に」と言われてもなぁ。。。




長くなってきたので、続きは次回に。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/12/17(水) 10:33:30|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日226】 山と渓谷1月号 その2(完) | ホーム | 【日々是好日224】 寂しい話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/489-b32cedb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。