山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ159】 八方尾根で男女凍死

【概要】
4日午前9時40分ごろ、長野県白馬村の北アルプス・八方尾根にある八方池の第3ケルン(標高2080メートル)の稜線(りょうせん)付近で、登山中のパーティーがルート脇で雪に下半身が雪に埋もれた女性の遺体を見つけ110番した。そばにもう一本ピッケルがあったため、県警ヘリが付近を捜索。尾根の南側100メートル下の斜面に倒れている男性を見つけた。県警が捜索したところ、午後2時半ごろ、女性の発見現場から南へ約100メートル下の斜面で男性の遺体を発見した。死因は2人とも凍死で、ザックなど登山用の装備を身につけていた。男性は頭を斜面の下に向けて倒れていたといい、稜線から滑落した可能性が高いと見られる。死亡した2人に該当する登山計画書は見つかっていないということで、警察は携帯電話などの持ち物から身元の確認を急いでいる。その後の調べで男性は名古屋市昭和区の団体職員(57)、女性は愛知県阿久比町の同町議(50)と判明。遺体の状況や所持していたカメラの記録などから、2人は1日午前に八方尾根のゴンドラリフトで入山し、唐松岳(2、696メートル)に向けて登山していて遭難したとみられる。関係者によると、初めは常念岳を目指す予定だったが、雪が深いとみて、八方尾根から唐松岳を経由する縦走コースに変更したという。また、2人は登山仲間で婚約していたという。2人とも登山歴20年で、毎年のように冬山に行っていた。八方池下部の八方池山荘によると、標高約1850メートルにある同山荘周辺は年末年始、断続的な雪と強風による悪天候で、唐松岳方面に向かう登山者はほとんどいなかった。1日は、午前中は小雪が舞う程度だったが、午後から風速20メートル以上の強風が吹き視界が悪い状態だったという。
(朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、中日新聞、信濃毎日新聞、共同通信、時事通信、NHKなどからデータ引用・抜粋)



【考察】
婚約中の2人が亡くなった、痛ましい事故でした。

何があったのか不明な点が多いので、推測に頼らざるを得ない部分かかなりあります。


自分の経験からすると、現場は広い尾根で、風当たりが強い場所です。
現場の近くでテントを張ったことがあります。
念入りにブロックを積んだのですが、寝ている間に風でつぶされるのでは・・・と、かなり不安になった場所です。
男性は突風で飛ばされたのではないかと思います。

ほぼ間違いのないと思われるのは、以下の点。
 ・入山日に事故にあったこと。
 ・女性は稜線で、男性は100メートル南で発見。
 ・2人とも装備を身につけていたが、男性のピッケルは稜線に。
 ・2人とも目立った外傷はなく、凍死。
さて、2人同時に不調になり、急激に死に至ったのでしょうか?
どちらかが通報することはかなわなかったんだろうか?
単独行ではなくパーティーであったのに、その利点が生かせなかったのはなぜだろう。。。。


1人に何らかのアクシデントが発生した時点での通報ともう一点。
もう1人の方が、ビバークなどの動きをしたのかどうか。。。。
装備についての詳報がないので、このあたりも疑問が残ります。
また、救助を求めに八方池山荘に向かうとすると、現場からは1時間程度。
通報、ビバークに加えて、そういう選択肢もあったと思うのですが、そのいずれもとられていなかったようです。


遺体が発見されてから、身元が判明するのに、多少の時間を要しています。
報道によると、計画書が出されておらず、所持品などから身元が判明したようです。

長野入りして後、常念から唐松へ転進したことと関係があるのかもしれません。
ただ、紙が1枚あれば、その場で計画書は書けるはず。
もし事故が起きてしまったときに、計画書の意味は大きいものです。

また、転進後の行動計画を、地元の誰かに伝えていれば、捜索ももう少し早かったと思います。
唐松のピストンであれば、通常は2日か3日には下山しているはずですから。







以下、余談ですが。

今回なくなった男性、昨年11月末にコメントを頂いた方のようです。
彼のHPを見ると、山への姿勢や思いを垣間見ることができます。

実際にご本人にお会いしたことはありませんし、1回コメントを頂いたのみです。
本当にか細い、あるかないかの縁ですが。。。。。
ですが、全くの見ず知らずなわけでもない。。。。。
やりきれない思いが残ります。

改めて、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/06(火) 13:37:29|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日231】 今季初のびわ湖バレイ | ホーム | 【遭難カルテ158】 西穂で滑落の女性救助>>

コメント

謎になってしまう部分が多くて、なんとも言えないですね。
例え一度でもコメントを頂いたりすると、やるせなさが残りますしね…。

30日深夜の私のmixi日記には天気の読みはこうでした。

{日本海には寒気に伴う雲が発生していますので、降雪強く、また風も強くなって年末年始(歳越え山行)はかなりの覚悟とアバランチマネージメントが必要でしょう。
1日は北海道の東海上で4個もの低気圧が集合しますね。危険です。 }

HPを見るとしっかりしていた方なので、天気図は見ていたはず。
読みもそれほど変わるとは思えないのです・・・。

男性のピッケルが稜線に残っているのも謎ですね。
普通、安易にリーシュを外さないですから・・・。

一体何が起きたのか、まったく掴み所が無い遭難事故、という印象です。

故人のご冥福をお祈り致します。
  1. 2009/01/06(火) 22:38:47 |
  2. URL |
  3. HOKUTEN #99DFA69w
  4. [ 編集]

 

HOKUTENさまへ。

> 例え一度でもコメントを頂いたりすると、やるせなさが残りますしね…。

そうですね。。。。
今回のケース、初めての体験でした。。。。

> HPを見るとしっかりしていた方なので、天気図は見ていたはず。
> 読みもそれほど変わるとは思えないのです・・・。

31日に入山しようとしたけれど、天候が悪くて1日入山に変更したという報道もありました。
天候に鈍感な人ではなかったと、私も思います。
ですので、よけいに「なぜ?」がついてまわるのでしょう。

> 一体何が起きたのか、まったく掴み所が無い遭難事故、という印象です。

そうですね。。。。
疑問は多く残るのですが、取り得る道のいくつかはあったと思います。
ただ、痛ましいと同時に、謎の多い事故でした。

  1. 2009/01/06(火) 23:33:31 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/497-0e0a3a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。