山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ161】 積丹岳でボードの男性死亡

【概要】
31日午後3時40分ごろ、北海道積丹町の積丹岳(1255メートル)で札幌市の会社員男性(38)が、下山途中に行方不明になった、と同行した仲間から警察に通報があった。男性は31日朝に仲間と3人で同町婦美の登山口を出発しスノーボードで入山。午後一時半ごろ山頂に着いたが、吹雪のため山頂付近でスキーで降りた友人とはぐれたらしい。その後、男性から8-9合目間で雪洞を掘り、簡易テントでビバークしていると無線で連絡があった。1日正午頃、道警山岳救助隊5人が山頂南側斜面で、男性が穴を掘ってビバークしているのを発見(稜線に倒れていた、の報も)。男性は衰弱してほとんど動けない状態だったという。発見から数分後、男性と救助中の隊員3人が雪庇を踏み抜き、約200メートル滑落した。隊員3人にけがはなく、自力ではい上がった。救助隊はソリに男性を収容、約1時間かけて尾根の方向に50メートルほど引き上げた。引き上げる隊員を交代するため、いったんそりを近くの直径約5センチのハイマツに結びつけたところ、この木が折れて、今度はそりが滑り落ち再び男性が行方不明に。悪天候で視界が悪いため、この日の捜索は打ち切られた。2日朝から捜索を再開、午前7時40分、標高約1000メートル付近の斜面でソリに乗った状態の男性を発見、札幌市内の病院に搬送したが、死亡が確認された。救助中に滑落事故が起きたことについて道警は「限られた人数の中で、やむを得ない判断だった」としている。
(朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、北海道新聞などからデータ引用・抜粋)


【考察】
一旦は救助隊に収容されながら。。。。。
何とも痛ましい限りです。

さて、今回も「はぐれ」てしまった事故でした。
前項では山スキーの女性。
今回はスキー・ボード混成パーティーの事故と言えそうです。
また、同じ北海道というだけでなく、山頂付近ではぐれてビバークなど、事故のパターンにも共通している部分が多いように感じました。

スキー・ボードの区別なく、滑降時には移動速度が速くなります。
このため、下山時に視界が悪いときには、メンバーの所在を把握し続けることがより重要になってきます。
このため、ごく短い距離でピッチを切る必要があり、滑降の楽しさは大きく減ってしまうことになります。

吹雪など、天候がよくないときには早めに切り上げるなどの方法があったのではないか。。。。。

ツェルトや無線機を装備していたことから、装備面から見れば意識が低かった訳ではないと思います。
ただ、パーティーのあり方という面については、どうだろうか。。。。。
これは前項でも書いたのですが、メンバー全員の連帯責任だと思います。
はぐれたときの状況が不明なので、一般論ではありますが。。。。。



今回の件で、特異な点は救助中に2度滑落があったことです。

個人的感想ですが、1度目の滑落はやむを得ないのかな。。。。と。
ビバークしていた雪洞から引き出している間に雪庇崩落というのであれば、他に方法はないように思います。

2度目について。
直径5センチのハイマツ。
支点として適当かどうかは、現場の斜度や雪面の状況などがはっきりしない以上、是非を論じることはできません。
複数の支点を取っていれば・・・とか、もっとしっかりした支点をとか、思わないでもないですが。。。。。
現場が、そのような支点がとれるような場所だったかどうか。。。。



個人的な話ですが、以前、某県警の救助隊員と一緒に、しょっちゅう遊んでいました(こちら)。
各都道府県警で、救助隊の力量にも当然ばらつきがあります。
北海道警がどうなのか、正直なところ私には分かりません。
が、少なくとも、富山や長野、岐阜などは特別な存在だと思います。

登山者(救助してもらう側)の立場から、危険を冒してまで助けに来てくれる立場の人たち(警察)などにあれこれいうのは、どうかとも思う面もあります。
ですが、今回の救助中の滑落については、警察の方でしっかり検証して、救助技術の向上に役立ててほしい。。。。。
そう願うのみです。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/02/03(火) 11:56:32|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<【日々是好日236】 びわ湖バレイ8日目 | ホーム | 【日々是好日235】 びわ湖バレイ5~7日目>>

コメント

間違いました。ごめんなさい。
  1. 2009/06/11(木) 21:50:47 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/504-77dac46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雪庇 意味

新潟県守門岳(大岳)の大雪庇 新潟県守門岳(大岳)の大雪庇新潟県は守門岳(大岳)で有名な大雪庇を一目見てみたいと思います。しかし当方、冬山装備がない為これから暖かくなり、登山道に残雪が消えた時期になっても頂上付近で雪庇を見ることは可能だと思いますか??...
  1. 2009/02/04(水) 09:51:17 |
  2. 今最も注目すべき業界最新ニュース

プロフィール

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。