山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日243】 唐松の事故 別項②

遭難カルテ163の続きです。
また日々是好日242の関連です。



6人パーティーについて、遭難カルテの方に、以下のように書きました。

  年齢と性別で整理すると、以下の通り。
    滑落したのは51歳と52歳の女性。
    現場に残ったのは44歳と45歳の男性。
    下山したのは73歳の男性と63歳の女性。
  このあたりに、判断の理由があるのかもしれません。
  報道にも「高齢の2人が下山」というのがありました。

「高齢の2人が下山」と、あえて「高齢」と言う言葉が入っているのは、それを理由に先に下山したということではなかろうか。。。。。

また、先に下山したEさん(♂73)のコメント、以下のようなものがありました。

高齢の自分をいつも気遣ってくれる最高の山仲間だった」(読売新聞)

今回の事故に関する報道で、「高齢」という単語を数回目にしました。
なんだか今回の事故のキーワードのようにも思えてきます。



さて、今回の内容はパーティーについて。

互助関係がパーティーのメリットのひとつであることは、繰り返し述べてきました。
今回はうまく機能しませんでしたが。。。。。

なぜ、うまく機能しなかったのか。

2人が滑落した時点で、先に下山した2人のうち1人ないしは2人ともが、パーティーレベルのセルフレスキューという観点から言えば、戦力外であった、と言えそうです。
先に下山した事実が、それを物語っています。
そして今回に関して言えば、その理由が「高齢」であったということでしょうか。

結果的に、4人で現場に残り救助に・・・と言う展開を取りえなかったパーティーだった、ということになります。
そして、それが四分五裂状態の原因だったのではないでしょうか。

これって、パーティーとしておかしくない?


計画段階からちょっと無理があったのかな?


天気等のコンディションが良い状態であれば、何事もなく下山してきたことでしょう。
ただ、そんな状態で無事下りてきたからと言って、パーティーの力量がそのルートに対して十分とは言えません。
パーティーを組む以上、何かコトが起きたときにどれだけの対処ができるかがポイントです。

コトが起きてしまった今回、結局、パーティーの力量が不足していたということになります。
少なくとも、ビバークに耐えられないメンバーがいる時点で、このコースに入るパーティーとしては力不足だったのではないかと思うのです。

おそらく、そこまでのことは考えないまま、パーティーを組んで山に入ってしまったのでしょう。
計画段階で、すでに考慮すべき要素が抜け落ちているまま。。。。



今回はたまたま「高齢」と言う言葉がたびたび出てきたのですが、装備や経験など他にもいろいろと「力不足」の要因はあると思います。
ただ、登山者の高齢化が言われる昨今ですから、「高齢」というのもその要因のひとつであることは間違いないと思います。



「単独登山は控えましょう」という看板が、登山口にあったりします。
ただ単に、2人以上のパーティーを組めばそれでいい、ということにもならないんではないかと。。。。。
そのルートに対して力量不足であれば、かえってそれも危険な気がします。

まず、計画段階からパーティーの意義やその意味、力量を考えること。
パーティーの本質について、山岳雑誌等でももっと取り上げてもらいたいものです。
また、自分のこととしても、毎回考える必要があると思いました。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/03/10(火) 14:25:18|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【山日記53日目】 2家族でポンポン山 | ホーム | 【日々是好日242】 唐松の事故 別項①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/514-c6ba7001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。