山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日246】 テレビを見て思ったこと

年度末。
毎度ながら、やたらと忙しい。
それでもWBCの決勝の日はお休みで、自宅にてテレビ観戦。
寝不足でもあり、最初は半分寝ていたが、結構興奮して見てしまった!
日の丸を背負った試合、力が入る自分がいました。

一瞬、「ウチのチビどもにも野球を…」なんて考えたりもしましたが。。。。。



Jリーグはあんまり好きじゃないんですが、日本代表の試合は応援してしまいます。
オリンピックも、結構、本気で見てしまいました。

そこにはヒーローやスーパースターといった、あこがれの存在がいる世界。
「日本で見ている子供たちに夢を」なんてコメントは、選手たちの間からはちょくちょく出てきます。
子供の間でスイミングスクールがはやっていたりするのも、北島選手の影響が結構あるんじゃなかろうか?




さて、スポーツとしての登山。

今現在、ヒーローやスーパースターといった存在の人は、いないのではないかと思います。
山野井泰史氏や平山ユージ氏など、その筋で著名な方は何人かいます。
が、映像メディアで多くの人の注目を集め…という存在ではありません。

スポーツ選手の活躍、映像メディアの与える影響は、とてつもなく大きい。。。。
それが少年スポーツに大きく影響しているはずだと思います。
ただ、当然ながら、一部のメジャーなものに限られます。
現時点では、登山はその部類には入っていません。。。。
スポーツニュースにすら出てきませんから。。。。。



登山が、テレビでガンガン流れるようになったらどうなるだろう?
そのこと自体の善し悪しは、当然、あるんだろうけど。。。。。

競技色が薄いので、あんまり見ていてドキドキしないかも知れません。
もちろん、クライミングコンペなど、一部のものはのぞいてですが。。。。
(かつての国体山岳競技なんてねぇ。。。。)

少しそういうことを考えてみましたが、あんまりイメージが湧いてきません。

想像力が貧困な状態なのかな?




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/03/26(木) 23:48:22|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【日々是好日247】 花見の山歩き | ホーム | 【日々是好日245】 滑り納め(多分)>>

コメント

そもそもスポーツ界にヒーローやスーパースターが存在しにくくなっているのではないかという気がします。WBCのイチローにしろ松坂にしろ年棒から言えばスーパースターなのかも知れませんが、チームに戻れば選手の1人で、同じような年棒の選手は何人もいますから単なるスター選手でしょう。
登山界ではどうか、独断と偏見を許してもらえば著名度で言えば野口健さん、三浦雄一郎さん、田部井淳子さんでしょう。野口さんの環境という戦略?があたりこどもたちの人気も非常に高いようです。三浦さんは登山というジャンルに入るか少し疑問もありますが中高年の星?でしょうか。田部井さんは環境から本格登山までこなし、女性活躍でも先頭を切る多才な人でピアノも歌もプロ並みとのことです。
これらの方は有名ですが、登山としての第一線からはもうひいておられます。登山としては小西さん、山野井さん、竹内さんあたりが中堅で頑張っていて、横山さん、馬目さん、谷口さんあたりが若手?のホープでしょうか。この方たち以外にもどんどん若手がでてきています。でも、子どもたちはあまり知らないと思います。
クライミングは男子は平山さん、松島さんそして安間さん。女子は小林さん、野口さん、尾川さん。クライミングをやっている子どもたちにとってはあこがれです。私の団体でも子どものクライミングを指導していますが、いつも応募が多すぎて断っています。そこから類推すると子どものスポーツクライミング人口は1万人近くいそうです。常時競技にでているのは2千人ほどだと思いますが。増えつつあるのは間違いなさそうです。
クライミングでは雪山大好きっ娘さんのブログに、ドキドキする映像も良く紹介されています。
http://enokido.net/mountain/
  1. 2009/03/30(月) 23:24:58 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

よかっぺさまへ。


ガストン・レビュファやヘルマン・ブール。
10代後半の私の中では、英雄でした。
登山というジャンルとは違うかもしれませんが、スヴェン・ヘディンもそんなうちの1人です。
かつては、彼らの記録や出版物を読みあさったものです。
自分が中年の域に入っても、あこがれは変わりません。


>そもそもスポーツ界にヒーローやスーパースターが存在しにくくなっているのではないかという気がします。

そうですね。。。
「初登頂」や「未踏の地」の時代ではなくなったので、彼らのようなスーパースターは山の世界でも出にくくなってきているように思います。

ただ・・・・「中高年の星」。
そう呼ばれる方が、何人かいます。
個人的には、あんまり魅力を感じませんが。。。。。

特定の年代層にのみウケるなんて、ずいぶんといびつな「星」のような気がしてならないからです。


>子どもたちはあまり知らないと思います。

これからのことを考えるのであれば、むしろ「中高年の星」なんてのはいらない。
むしろ、子どもたちや若い人が(中高年の人も)あこがれるような、そんな存在がいれば。。。。
現役であればいいんですが、一線を引いた人でも、場合によってはいいと思います。

なんだかうまく表現できないのですが、そういったスター不在が、何となく寂しいですね。



ま、必ずしもスターに頼らなければ・・・・というわけではないと思います。

若い人や子供たちに対しての取り組みも、実際にはなされています。

ただ、ガイドや雑誌など、あまりに目先の「今」だけを追ってはいないだろうか。。。。
自分たちも、自分の楽しみだけを。。。。。



以下、反省と自戒を込めて。
「今」や「自分」が大切であることは、間違いありません。
ただ、その何割かは「将来」に向けるべき時なのかもしれませんね。


  1. 2009/04/01(水) 23:16:17 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

 はじめまして。がむしゃらに登る競技って見ていておもしろいような見ていたくないような複雑な心境です。ピークハントと同じ性質があって自分向きではないことと、カメラの前で落ちるのは見たくありません。全うに器具で止まればいいのですが、なにかミスってると悲惨ですね。本放送ではカットされてもその手の番組で繰り返し放映されることになりやはり気持ちは複雑です。そんな極限の状況を除いてもなんでここ走るの? とか長くやっている人(国体経験者などを除いて)は思うでしょう。

 全否定のような書き方ですが、楽しみ方を広く使えることができたらという趣旨に意義はありません。そこから先、底辺から怖さや身構え伝えるのはこのようなサイトになってくるはずですが、安易に考えると命を持って行かれやすい点では、スポーツよりはアドベンチャーなのだろうなと、そんなことを考えました。
  1. 2009/04/03(金) 12:08:49 |
  2. URL |
  3. guest #.SnIEqdw
  4. [ 編集]

guestさまへ。
はじめまして。

クライミング競技、20代の前半に何度か草コンペに出たことはありますが、その後は全く・・・です。
今じゃイチから鍛え直さないとムリでしょうね。
ただ、基本的に「歩く山」は、何とか続いています。
自分にとっては「よじ登る」や「走る」ではなく、「歩く」が合っているのかなと思います。
(トレランにはあんまり興味がなくて・・・・)



>楽しみ方を広く使えることができたらという趣旨に意義はありません。

「意義」ではなく「異議」と受け取ることにします。
ご指摘の通り、「楽しさ」とともに「怖さや身構え」のようなものもセットで伝えるべきでしょうね。

「スポーツよりはアドベンチャー」

なるほど。


登山が他のスポーツと一番違うところ。
勝敗やスコア、タイムなどの数値的記録や競技性という要素が全くなくても存在できるところだと思います。
もちろん、そういった競技的な楽しみ方があってもいいでしょう(自分がする・しないは別にして・・・)。
ですが、本質の部分は、そうでない方だと思います。

話が少し逆戻りしますが、そういった楽し面と怖い面を、きちんと伝えていく必要がありますね。

一部の雑誌やメディア等では、楽しい面ばかりが強調されているようで。。。。。
最近、ちょっとそんなところが気になったりします。
  1. 2009/04/03(金) 23:25:32 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/518-874286ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。