山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 54日目】 瓶ケ森

ゴールデンウィーク。
我が家は何とか3連休を確保。
知人のK君一家と石鎚山系へ行ってきた。

2日早朝、大阪発。
ETC割引のためか、高速はとっても混雑。
車移動だけで遭難するか?みたいな感じでした。

夜明けとともに淡路島を経由し、四国へ。
パーキングエリアでK一家と合流。
うちは嫁さんとチビ2人。
向こうには夫婦とT君4歳&Cちゃん2歳。
さて、どうなるやら。。。。

西条ICを出てコンビニで買いだし。
寒風山トンネルを抜け、いざ瓶ケ森林道へ。

長男とT君が車酔い。。。。。。。

何度も車を止め、風に当てる。
幸いお天気がいいので、それなりに過ごせる。
が、遅々として進まない。。。。

ようやく瓶ケ森の駐車場へ。
ゆっくりと昼飯。
子供がいると、すべてがゆっくりになってしまう。。。。



いよいよ一発目の瓶ケ森へ。
まず、男山への直登。
天候は快晴。
2歳児はキャリアにおさまり、男の子3人は快調に進む。
途中、ちょっとした岩場があり、ロープがあるが、連中は楽しそうだ。

ちょこちょこ休みつつ、男山頂上に到着。
ここで一休みしていると、年配の女性がほとんど手ブラで瓶ケ森(女山)方面からやってきた。

「駐車場に下りたいんですけど、どっちに行ったらいいですか?」

えぇっ?
迷うようなところじゃなかろうに。。。。。


瓶ケ森(女山)へは1ピッチ。
少々風があって冷えるので、早々に下山開始。

一昨年の5月に営業を休止していた、瓶ケ森ヒュッテに向かう。
昨年も営業していなかったので、どうなってるだろう?

小屋についてみると、壁が倒れ惨憺たるありさまだった。
何度もお世話になった第一キャンプ場の管理もやっていた小屋が倒れていく。。。
寂しい思いがした。

瓶ケ森林道に一般車両が入れるようになってから、急速に寂れていったように思う。
駐車場から30分程度の距離だからこそかもしれない。
かつては1日歩いたところにある小屋とキャンプ場だったから、ありがたい存在だったのだけれど。。。。
ここのキャンプ場から見る夕日。
なかなかいいモンだったんだけどなぁ。。。。。



さて、親の感慨とは無関係なチビども。
ギャアギャア騒ぎながら駐車場へ。
車に乗り込み、シラサ峠へ移動。

思ったよりも時間がかかってしまい、すでに夕方になっていた。
予定していた伊吹山ピストンは中止して、幕営準備。

ちらっと避難小屋をのぞきに行く。

驚いたことに、電気がつく!
誰かがお手製で、車用?バッテリーとLED照明を小屋の中に設置していた。
いや、こりゃすごいわい。。。。


シラサ峠のキャンプ場は、先客が2組。
あとは誰も来ず、3パーティーだけ。
連休中に静かに過ごせるのは贅沢なもんだなぁ。。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/05/09(土) 02:35:14|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【山日記 55日目】 石鎚山 | ホーム | 【日々是好日249】 GWの計画に思う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/523-8090a21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。