山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日253】 昨年の遭難者統計

先週末、警察庁HP平成20年における山岳遭難の概況がアップされました。
すでにマスコミでも報じられましたが、各社の見出しを並べてみます。

昨年の山岳遭難、死者数が過去最多 中高年者が増加(朝日新聞)
山岳事故:過去最多1631件、遭難者の8割が中高年(毎日新聞)
昨年の山岳遭難、最多の1933人…中高年8割(読売新聞)
山の遭難事故、過去最悪 死者・不明の9割が中高年(共同通信)

「過去最多(最悪)」と「中高年」というのが共通しています。
過去最多(最悪)というのは数字上の問題ですので、年によって変わるものです。
ただ、中高年というのは、すでに枕詞の状態か。。。。。
ここ何年か、遭難統計に関するものではほぼ毎回出てきますね。
「山の遭難」=「中高年が大半」
警察やマスコミの中では、既にこういった公式が出来上がっているのかもしれませんね。
ま、実際の数字もそうなってるんですが。。。。。


警察庁の統計は昭和36年(1961年)からあるようです。
今回は49回目ということで、ほぼ半世紀の統計となります。

発生件数、遭難者数、死者・行方不明者数の3点が、最も大きな柱になります。
昨年はこの3つすべてで過去最多の数字を記録しました。
良い話であればトリプルクラウンだとか三冠王とか言うところなんでしょうけれど・・・。
ちょっとなぁ・・・な結果になってしまいました。

細かい年齢での表記がないのですが、過去10年のデータが載っていたので、中高年と非中高年との比較を考えてみます。

【表1】概要
それぞれの項目に占める中高年の割合。
死者92.49%、行方不明者78.57%、負傷者83.95%、無事救出76.00%。
遭難者中に占める中高年の割合が81.07%ですので、そこを念頭において数字を見てください。
ぼんやりと見えてくるものがありそうです。

と、いうわけで、もう一歩進めてみます。
中高年の中でのそれぞれの割合。
死者14.93%、行方不明者1.40%、負傷者37.40%、無事救出46.27%。
同様に非中高年の中での割合で見てみます。
死者5.20%、行方不明者1.14%、負傷者30.60%、無事救出62.57%。
中高年の方が、死亡や負傷の確率が高い結果となっています。

傾向として言えば「中高年の方が身体にダメージを受ける確率が高い」ということになりそうです。



【表2】過去10年間の山岳遭難発生状況
発生件数と遭難者数は10年間で増加傾向にあります。
遭難者数に占める割合、中高年は8割前後のところを行ったり来たりしています。
実数自体は増加しているのですが、割合に大きな変化がない。
ということは、一概に「中高年の遭難が増えている」とは言いにくい面があります。
より正確に言うなら「遭難者のほぼ8割(大半)を中高年が占める状態が10年(以上)続いている」という感じでしょうか。

死者・行方不明者数に関して、今年は過去最高を記録しましたが、数自体は10年間でほぼ横ばいです。
ただ、中高年の占める割合は85%程度から微増の傾向にあり、ほぼ9割強を占める状況に。
数はほぼ変わらず割合だけが増えていることから、「中高年の死者・行方不明者は数・割合とも増えている」ということはできるでしょう。


さて、もう一歩、進めてみます。
遭難者中に占める死者・行方不明者の割合。
中高年は20%ほどあったのが16%付近へと、低下している状態。
全体で見ても2割弱だったのが14%程度に落ち着いてきていることを考えれば、同じ動きをしています。
一方、非中高年の割合も出してみました。
10%を超えたのは平成11年分だけで、あとは一桁をキープし、6%強あたりに落ち着きつつあります。

遭難者中に占める死者・行方不明者の割合を、中高年と非中高年で比較すると、年によって差はあるものの、おおむね2~3倍の開きが常にあります。
よって、「遭難した場合、中高年は非中高年の2~3倍の確率で死者・行方不明者になる」ということが言えます。



長くなってしまったので、続きは後日にします。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/07/06(月) 12:32:14|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日254】 昨年の遭難者統計その2 | ホーム | 【日々是好日252】 流行に敏感な人たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/536-f5bc4ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。