山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日255】 昨年の遭難者統計その3

前項と前々項の続きです。


【表8】年齢層別山岳遭難者数
5才ずつ17の区分に分けて表示されています(不明が1人)。
50代~70台の多さが目に付きます。
6つの階層の合計で全体のほぼ3分の2を占めています。
特に50代後半から70代前半に集中しており、この4つ階層だけで過半数を占めている状態です。

最多は60代前半の323人で16.7%。
非中高年の総計が365人な事から考えると、いかに集中しているか。。。。

手元には3年分のデータがありますが、この構成というのは大きく変わっているわけではありません。
ですが、構成比の推移、ゆっくりとピークの年齢は上がっているような傾向があると思いました。
ただ、わずか3年のデータの推移で決め付けるには、ちょっと無理があるかもしれませんけれど。。。。

いずれにしても60台がほぼ3割、50台と70台が2割弱という現実は認識しておくべきだと思います。
同時に高齢者(65歳以上)が全体の3分の1強、60歳以上が5割強でもあります。

実際の登山者人口と各年代層の分布や入山日数などのデータがありません。
ですのでそれらのデータがないと、遭難率というものがでてきません。
おそらくは、高年齢者のほうが遭難する確率は高いのではないかと思います。
ただ、そう言い切るにはデータが不足しているということでしょう。



【表9】単独登山者の山岳遭難発生状況(人員)
遭難者に占める死者・行方不明の割合、単独と複数の場合ではほぼ倍の開きがあります。
一方、負傷者の割合は複数登山者の方が高くなっています。

3年分の推移を見ると、単独遭難者の場合、死者・行方不明者の割合はじわりじわりと下がっています。
その分増えているが無事救出の割合。
この傾向は全体の傾向を反映したものと思われます。

「単独登山は危険なのでやめましょう」なんてのを時々目にします。
これ、ちょっとどうかな・・・と思います。
確かにパーティーを組んだときより、事故の際の致死率は高いです。
単独登山がゼロになれば、その分の遭難者は減ります。
ですが、「登山は危険なのでやめましょう」と同じ論法で使われたりはしないだろうか。。。
ま、多分、杞憂だとは思いますが。。。。。



【表10】遭難件数に占める通信手段の使用状況
携帯電話の普及を反映して、ほぼ半分に迫る勢いですね。
ただし、去年よりは若干数値が下がっています。
どう解釈したものかなぁ。。。。。





やっと終わりました。
長かった。。。。。

本当はもっと詳細なデータがいっぱいあったら、具体的な傾向がもっとはっきりしてくるはずです。
毎年出される警察庁のこの資料、超ダイジェスト版なんでしょうね。
物足りなさを感じないでもないですが。。。。。

警察が持っているかこのデータだけでも、きちんと分析すれば、本の1冊ぐらいにはなるんじゃないかと思います。
山の遭難のこれまでと今の姿を知るには、必要なものだと思います。
対策というのも、そこからはじまる部分があると思います。

分析・検証・考察をまとめた本がでたら、買いに行くんですけどねぇ。。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/07/11(土) 12:19:26|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日256】 映画、見てきました。 | ホーム | 【日々是好日254】 昨年の遭難者統計その2>>

コメント

詳細な分析お疲れ様です。

>実際の登山者人口と各年代層の分布や入山日数などのデータがありません。

新聞などでも「中高年の遭難が増加」と記事になっているのを見かけますが、
実際に山を歩いていると登山者は中高年ばかりですからね。
遭難者の背後に控えている「遭難しなかった登山者」という大きな母集団についての
調査も待たれるところです。

>分析・検証・考察をまとめた本がでたら、買いに行くんですけどねぇ。。。。

『山岳遭難の構図』青山千彰・著 東京新聞出版局
という本をお読みになったことはあるでしょうか。
山岳遭難に関する統計をまともに扱った本としてはこれくらいしか思い当たりません。
  1. 2009/07/20(月) 11:27:32 |
  2. URL |
  3. ぴら #-
  4. [ 編集]

ぴらさまへ。

>大きな母集団についての調査も待たれるところです。

この母集団が分かると、数字の見え方が変わってくるのかもしれませんね。
遭難率なんてのが出てくれば、また注意の向け方がより具体的になってくると思います。

ご紹介の本、図書館で読みました。
本屋で見つけたら買おうと思っています。

>山岳遭難に関する統計をまともに扱った本としてはこれくらいしか思い当たりません。

そうですね。。。。。
百名山やらなんやらは、それこそ山のようにあるんですけどねぇ。。。
  1. 2009/07/23(木) 17:35:10 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/538-c06c260d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。