山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 61日目】 蓼科山

11月1~3日、家族そろって休み。
長野まで出かけてきました。
2日に蓼科山へ。

長男は1歳の時に担がれて、5歳のときに下りでヘロヘロになりながら下りてきた山。
二男は3歳のときに半分担がれて登った山。
あれから2年半。
成長の証をみることはできるだろうか?
前回の記録はこちら

朝から天気はいまひとつ。
弱い雨と、それなりの風。
御泉水駐車場に着くと、車が2台。
飛び石連休の中日の平日だから、人も少ないだろうなぁ。。。
トイレに行ったり身支度をしたりするけれど、すでに寒い。

9時半過ぎに出発。
寒がりのチビどもは、やたらと着込むものの、ちょっと歩いたら
「父ちゃん、暑い。。。暑すぎる!」
そりゃぁ、そうだろう。。。。
途中でカッパや上着を脱がせる。



2週間前の大山が階段ばっかりでうんざりしたのか、山道らしい山道に、結構なペースで進む。
前回来た時にはダラダラダラダラして、全然進まなかったのとは雲泥の差。
1時間少々と少し長めだったけれど、1ピッチで蓼科山荘へ。
ほとんどコースタイム通りのペース。
やるじゃん!

さて、ここから上は大岩ゴロゴロの道
体の小さいチビどもには、ちょっとややこしい道。

二男は寒がってテンションが上がらない。
ルートファインディングも???で、わざわざややこしい方にばかり進みたがる。
いろいろ聞いていると、わざとではなく、そっちがいいように見えるんだそうな。。。。


山頂の小屋が近付くと、風も強く当たり始める。
それでもなんとか小屋まで行くけれど、やっぱり寒い。
風も強いので、さっさと頂上へ行って、さっさと降りてしまうことにする。
時々風に姿勢を崩されるような感じだったが、手を引いてやり、頂上へ。
記念撮影もそこそこに、下山開始。

蓼科山荘の玄関先で、風をよけて昼食。
風が当たらないだけで、寒さが全然違う。

飯を終えると、後は降りるだけ。
岩道ではルートがわからない二男、下りは長男よりも先が見通せるようだ。

一方、登りは好調を維持していた長男。
最近は「恐怖心」のようなものが強くなったのか、あえて飛ばさない。
調子に乗っていた二男が、ヘッドスライディングをして泣いているのに対し「大丈夫?」なんて余裕も。。。。

長男によると、道に石が多いところは走りたくないそうだ。

結局、蓼科山荘から車まで、1時間もかからずに下りられた。



登りで1時間を超すピッチ、寒さと風、大岩の道・・・・・。
2年半の成長はしっかりとあったと思います。
何より足の運びが、上り下りともしっかりしてきたこと、毎回感じるようになりました。
また、精神的にグニャグニャするのも減ってきたように思います。
おかげで、通常の登山道であれば、行動時間も読めるようになってきました。
(子供の場合、この「気持ちの問題」ってのが、結構タイヘンなのです。。。。)



まだ、子供に「待ってくれぇ」と言わなくても大丈夫そうです。
ま、そんなのもあと少しだけかもしれませんが。。。。。





スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/11/13(金) 13:38:23|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日269】 消え行くもの(またかい・・・) | ホーム | 【遭難カルテ166】 霧島・韓国岳で男児死亡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/559-f8746733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。