山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日269】 消え行くもの(またかい・・・)

ちょっと前に大阪・梅田のIBSがなくなった話を書きました。
で、今回もまた、なくなってしまう物の話。

奥蓼科の温泉、保科館。
八ヶ岳の風呂と言えば、いつもここでした。
いつもの仲間が集まって、その時に行くのもここ。
もう15年ほど入り続けています。

南八ツからはちょっと離れていますが、静かでいいお湯でした。

いろんな理由があり、経営者が手を引き、営業譲渡するとか。
オーナーが代わって、いつ再開されるかは不明。
11月上旬には引っ越すとのことでしたので、最後に名残を惜しんできました。


チビどもは2人とも1歳のころからここのお湯につかっています。
今や上野チビが2年生、下のチビも来年小学校に。。。
結構長いおつきあいでした。


さて、お別れ入浴。
蓼科山に登った日と、その翌日に行ってきました。


最初はすいてて貸切でした。
下のチビと男湯に行ったのですが、まあ、泳ぐわ暴れるわ。。。。。。
ま、他の人がいないなら、迷惑になることもないか。。。

その後、何人かの人が入ってきました。
皆さん、口数は多くないのですが、やはり、最後を味わっている様子でした。

いつもより少し長めのお風呂。
親は2人とも、かみしめるものがあったのですが、子供たちはどうだだっただろう。。。

帰り際、おかみさんたちからたくさんのお土産を頂きました。





またひとつ。
大切に思っていたものが、なくなりました。

はっきりと言えば、設備も古く、誰にとってもいい温泉、というわけではありません。
ただ、そこで積み重ねてきたものがあるため、いろいろな思いがあるのでしょう。
最後だと思うと、ギシギシときしむ廊下までがいとおしくなってきます。

残念ですが、しかたありません。
ここ以上の温泉があるのかどうかはわかりませんが、代わりになる温泉を探さなきゃなぁ。。。




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/11/15(日) 13:32:47|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<【山の写真集5】 熊、出るかも | ホーム | 【山日記 61日目】 蓼科山>>

コメント

ふるさと創生以来、雨後のたけのこのようにできた日帰り温泉施設と、経営されている方の高年齢化などによりこうした静かな温泉が静かに消えています。
とても残念ですが、車を乗り付ける広い駐車場のないところにはお客さんが来ないようで、時代を反映しているとしか言いようがありませんが、残念です。
最新のカーナビも新しくできたものには敏感ですが、消え行くものには鈍感で、ナビを見て行ったら廃業していたという温泉もあり、登山と同じく事前情報入手の大切さを痛感しております。
それにしても地図もガイドブックもいつのまにか持っているものが古典になっております。この本は何年の調査によるものです。お出かけになる際は最新の情報を入手するようお願いしますというような注意書きが本来はあるべきかなと思ったりしています。
  1. 2009/11/16(月) 22:47:26 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

よかっぺさまへ。

この保科館、古くて静かないい出湯でした。
駐車場は広いんですが、メーンルートから外れていることなどで、そんなに混み合うということはなかったように思います。
とはいえ、ガラガラと言うわけではありませんでしたが。。。。

女将さんたちによると、いやにやってやめるわけでもなければ、赤字や借金がかさんでやめるわけでもないとのこと。
「切ないねぇ。。。」と言っていたのが心に残りました。

>事前情報入手の大切さを痛感しております。

ですねぇ。。。。
それを必要としないのが「いつもそこにあるもの」の良さなんじゃないかと思います。

「残念」「切ない」。。。。
出てくる言葉はそんなものばかりです。

しかしまぁ、こんな話題・・・・我ながら年取ったなぁと苦笑しているところです。
  1. 2009/11/18(水) 08:22:37 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

RE:消え行くもの

私が20代の頃、山から下りてきたら温泉ではなく銭湯でした。富山でも、松本でもいつもお世話になる銭湯がありました。
そしてさっぱりしたら山で食えなかった肉のかたまりを食べに行くお店が決まっていました。帰りの汽車まで3軒くらいはしごをしました。
富山ではとんかつやに行っておりました。いつしかそのとんかつやに連絡ノートができ、300冊くらいのクラブの連絡ノートが置いてありました。登れなかった悔しさ、計画を達成した喜びがはだかの言葉で綴られておりました。
そのお店も少し前に店主の高齢化で廃業しました。ノートはいま登山研修所に置いてあります。
そういうものもどんどん消えています。残念ですね。
  1. 2009/11/18(水) 22:59:37 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

よかっぺさまへ。

私にとって学生時代の風呂屋と言えば、松本のお亀の湯、富山は観音湯でした。
温泉なんてものになったのは、社会人になり、車で山に行くようになってからです。
下山後の食事も、いつも決まった店でした。
私の方は、松本駅近くのとんカツ屋。
20代の頃って「下山→銭湯→とんかつ」って定番でしたね(笑)。
店に入ると、山ですれ違った人たちがいたりして・・・なんてこともありました。

松本在住の知人によると、そのとんカツ屋も今はないそうです。
残念。。。。同感です。。。
  1. 2009/11/20(金) 11:53:58 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

私が行っていた松本のとんかつ屋は肉屋さんの2階でした。駅の近くでした。
山から下りたら何を食べてもおいしいのでOBになってから行ってみたら、やっぱりおいしかったです。
それも思い出を味わっていたからかも知れません。
大阪駅の出発前はザックを急行の札の下に置き、王将やのぎょうざを食べてから出発しました。
車というのはそういう情緒もなくしてしまいました。列車の行列も無くなってしまいました。正月など超満員になることもあり、ザックは迷惑だったと思いますが、譲り合うことはあっても、文句は言われませんでした。
ある意味良い時代だったのかも知れません。
  1. 2009/11/22(日) 21:22:21 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

トムラウシその後

来年の2月27日に神戸の王子公園でトムラウシのシンポジウムを開催する予定です。
日本の2大山岳団体とサーチアンドレスキュー研究機構の共催となります。
要項などできましたらまたお知らせします。

こちらはまだ記憶から消えたら困るお知らせでした。
  1. 2009/11/24(火) 20:39:52 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

よかっぺさまへ。

レス遅れ、申し訳ありません。

>それも思い出を味わっていたからかも知れません。

わかります。。。。同じことをやったことがありますから。。。。

大阪駅の思い出、やはり同じでした。
阪急東通りの王将へ繰り出し、腹いっぱいに食べて飲んで。。。
ちくまやきたぐにの自由席で酔いに任せて眠るのが毎度のことでした。
シーズン中の混雑した中ではあまり眠れず、入山日が苦しかった記憶もあります。
あの風景がなくなったことは、やはりさびしいものですね。。。
とはいえ、残念だ残念だと思っている当の自分が、今や車でアプローチするようになってしまっているから、なんともはやではありますが。。。。。

>来年の2月27日に神戸の王子公園でトムラウシのシンポジウムを開催する予定です。

日程が調整できれば、行ってみたいと思います。
  1. 2009/11/26(木) 10:04:30 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/560-a7daa6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。