山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ24】 NHK取材班、無事下山

【概要】
NHK札幌放送局などのカメラマン2人と北海道大の学生2人の計4人が18日から知床半島の知床岳(1254メートル)に取材のため登山したまま、下山予定の20日を過ぎても戻らず行方不明となっていることが22日、分かった。北海道警は遭難した恐れがあるとみて、ヘリコプターで捜索。4人は函館放送局の男性(41)と札幌放送局の男性(30)、北大山岳部の2人。4人は18日に2日分の非常食、衛星電話などを装備し、羅臼町相泊から知床岳に入山した。20日の下山予定日を過ぎても連絡が取れていなかった。取材班の家族が21日夜に「下山予定日を過ぎても連絡がなく、携帯電話も通じない」と届け出た。4人は22日午後、自力で無事下山した。けがはないという。

【考察】
遭難騒ぎ。
今回のケースはこの言葉がぴったりはまりそうです。

予備日の間に、自力で無事下山。
当然の範囲内で、これを見ると遭難とは言いがたい部分です。

しかし、予備日が残っているにもかかわらず、なぜ家族が通報したのか?
事前に予備日の説明を十分にしていなかったのかもしれません。
分かっていれば、通報もなく、捜索活動もなかったでしょう。
予定の期間中でも、連絡が取れない⇒通報、となると、困ったものです。

山も場所によっては、携帯電話や無線機が通じなくなります。
そんな当然のことも、家族は知らなかったのかもしれません。
衛星電話も緊急用と考えれば、バッテリー保護のため、電源を切っていたと思われます。

いずれにしても、山に入る前に、家族などには計画書を渡し、十分に説明しておく必要があります。
人騒がせな一件でした。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/22(水) 19:00:06|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日14】 荒れる週末 | ホーム | 【遭難カルテ23】 行方不明の山スキー男性救助>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/57-41fcecbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。