山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日284】 展望の山

ウチの地元のポンポン山。
山頂は結構見晴らしがいいのです。
IMGP2251.jpg
どうですか。
いい山でしょう!

・・・・・・と、いう話ではありません。



私が初めてポンポン山に登ったのは、15年ほど前になります。
その時にの頂上は、樹林帯の中にありました。
少しは開けていたのですが、見晴らしも大して良くなく、木のベンチもほとんどありませんでした。

何年かのブランクの後、頂上に行ってみると、現在のような開放感たっぷりの状態になっていました。
また、木のベンチもいくつかできていました。

「焚火禁止」の看板の向こうは・・・・。
IMGP2254.jpg
かなりの面積が、ごっそりと伐採されています。

伐採された部分には、ロープが張ってあり、入れません。
こんな標柱もありました。
IMGP2252.jpg




さてさて・・・・これはいったい、どういうことだろう?




こんなサイトを見つけました。
まずはご一読ください。

読んだ後、しばらく言葉がありませんでした。
恥ずかしながら、最近までこのようなことがあったということを知りませんでした。

地主さんの心中、察するに余りあるものがあります。。。。

写真にある小さな緑は、地主さんが植えたものだと思います。
元に戻るのには、それこそ何十年もかかるでしょうね。。。。。



里山とはいえ、地主の好意で登らせてもらっていたわけです。
当たり前のように何度も登っていたのですが、あんまり思いが至っていなかったところはありました。
ある日、登山道の入り口に柵ができ「立ち入り禁止 地主より」なんて看板が建ったら、その瞬間からその山には入れなくなってしまいます。
ポンポン山の入山者といったら、年間数万人になるんじゃないかと思います。
となると、結構影響は大きいかな。。。。。

日本フリークライミング協会(JFA)のHPのNEWSのページには、これまでの地主さんや地元とのトラブルやその後の話し合いなどが記されています。
クライマーの側に問題があることの方が多いようなのですが、粘り強く地元と交渉していることが伺えます。

これに対して、一部のクライミングインストラクター・ガイド氏から、「クライミングをすることは、国民・納税者の、豊かな生活を送るための当然の権利だという考え方を、積極的に持っても良いのではないか」というような意見も出て、少々物議をかもしたと聞きました。

以前、コメント欄でも似たようなやり取りがありました。
やはり、こんな風に考える人もいるんですね。。。。

登山やクライミングを楽しむ権利は、皆にあると思います。
ただ、法律その他のルールの範囲内で、という但し書きがつくのが前提でしょうけど。。。
他人の権利を踏みにじってまでの権利ではないと思っています。

トンデモな人がごく一部いるだけでも、やはり、そちらの方が目立ってしまいます。
そういうわけで、トンデモではない人が大多数であったとしても、火は大きくなります。
その火を消して回るとなると、とっても大変な事だろうと思います。
ですので、JFAの努力には、素直に頭が下がります。





さて、同じ山なら展望がよい方がいいですね。
ただ、このような形で展望がよくなったと知ると、やはり複雑な思いがします。



山頂からの展望がないのも、その山の個性。
それをひっくるめて楽しめばいい。
展望を楽しみたいのであれば、展望のよい山へ行けばいい。

そんなふうに思いました。



言葉を置き換えてみます。


小屋が少ないのも、その山の個性。
それをひっくるめて楽しめばいい。
(楽しめるだけの力量が必要になってきますが。。。)
小屋に頼りたいのであれば、小屋の多い山へ行けばいい。




やっぱり、トムラウシに新しい避難小屋はいらんよなぁ。。。。
行ったことはないけど。。。。






スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/05/25(火) 15:04:47|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日285】 それ、ホンマにできるんか? | ホーム | 【山日記 64日目】 久しぶりにポンポン山>>

コメント

人の意見を聞く努力をしたいですね

中央アルプスの麓で廃道化した登山道の修復をしています。標高2000m以下は殆どが私有地ですので,知人を通して了解を得ていることは当然です。1500mを越す所でのクマザザ刈りや倒木等の処理をして、ようやく周遊コースが完成したと思ったら!
登山口付近は45度を越す斜面ですが、歩き易いゆるやかなジグザグ道が付けられていた、そこに階差が40cmはあろうかという階段ができたのです。麓のペンションのオーナーが県の補助金を得て始めたとのこと。はた迷惑な階段をつくる労力と費用があるなら、笹刈りなどをして欲しいのですが、人の意見を聞く努力をしない人はどこにでも居るのですね。
  1. 2010/05/27(木) 13:20:08 |
  2. URL |
  3. マイさん #-
  4. [ 編集]

Re: 人の意見を聞く努力をしたいですね

マイさんさまへ。

山であれ岩であれ、必ず所有者がいます。
憲法や民法でその権利が定められています。
また、自然公園法などで使用目的などの規制があります。
法律や条令などのルールを守ることは、法治国家に暮らす以上、当然のことです。
ですので、地主さんの意向は法律に基づく権利なので、ないがしろにはできないと思うのが当たり前だと思いますけどね。。。。。

ポンポン山のケースは、そのルールを破ってしまったようです。
クライミングのほうは、ルールに縛られることへのいらだちと受け取ればいいんでしょうかね。
ご指摘の階段のケースは・・・・・地主さんの了解をもらってるんでしょうか?
ま、階段はあんまり好きではありませんが。。。。。。。

いろいろな人の意見を聞くことは大切ですね。
中には????な意見もありますが、モアベターな解決に近づけると思います。

  1. 2010/05/27(木) 16:28:50 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/581-71069f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。