山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ167】 赤岳で男性滑落し死亡

【概要】
29日午前10時過ぎ、八ケ岳連峰・赤岳(2899メートル)の県界尾根で、東京都大田区の男性から「同行の男性を見失った。滑落したかもしれない」と長野県警佐久署に通報があった。県警のヘリコプターが午後0時25分ごろ、尾根から約200メートル下の長野県側斜面で、倒れている千葉県白井市の会社員男性(49)を発見。佐久市内の病院に搬送されたが、頭を強く打っており死亡が確認された。同署によると、2人は午前5時ごろ、山梨県側から日帰りの予定で入山。登頂後、山梨県北杜市の登山口へ下山中だった。発見場所は雪解けが進んだ岩場。滑落現場には雪が残っており、滑りやすい状況だったという。男性の登山靴にはアイゼンなどの冬山用の装備はなく、雪で足を滑らせたとみられる。
(時事通信、毎日新聞、読売新聞、産経新聞よりデータ引用・参照)



【考察】
報道によると、ルート上に残雪ありとのこと。
アイゼンがあれば防ぎえた事故だと言えるかも知れません。

アイゼン、そしてアイゼンが着く靴となると、無雪期用の足回りよりは、ぐっと重くなります。
でも、迷ったら、持って行く!というのも一つの考え方かも知れません。

亡くなった男性は持って行っていなかったとの報道。
重量は増えても、保険という意味では持って行ったほうがよかったのかもしれません。

で、もしアイゼンなどがないまま入山してしまったら。。。。。
どっちかといえば、こっちの方が現実的な気がします

この季節になると、雪の着いているところはほとんどない状態です。
おそらく、そういう判断からアイゼンを持って行かなかったのかと思います。

ルート上が凍結していても、登りは何とかなってしまう場合が結構あります。
ところが下りになると、たちまち困難な状況になってしまいます。
あまりに簡単に登れてしまったため、全く気づかない場合もあるかな。。。。

登りはキックステップ(ノーアイゼン)で進み、下りの時にはアイゼン着用ということもありました。
もっとも、もう少し雪の多い季節の話ですが。。。。

着雪状況を見ながら、この装備で下りられるのか?ということを考えつつ行動。
ああ、これ以上はムリ!となったら、やばくなる前に下りてしまうほかはないようです。
下りの困難さをイメージしつつ登る、ということでしょうか。

登りはしんどいけれど、下りは難しい。
残雪の有無にかかわらずだ、とは思います。
ただ、残雪があれば、より神経質になった方がいいようです。
登りながら頂上が目前となると、判断が鈍るかも知れませんね。






通報の内容から。

「同行の男性を見失った。滑落したかもしれない」

この報道内容によると、滑落したかどうかや、事故発生現場は不明です。

詳細が不明なので、以下は推測ですが。。。。

2人はいくらか離れて行動していたのではなかろうか・・・・・。
同行者が一緒に行動していれば、「見失」うことはなく、「滑落」も事実として通報できたと思います。

同行者を見失ったことに気づいたのが比較的早かったことや、捜索する際に視界がよかったことなどの要素があったのではないかと思います。
これらはあくまで、「たまたま」という気がします。
その結果として、通報から約2時間で収容されたのではないでしょうか。

ですが、一歩間違えば。。。。と、思わないでもありません。

「はぐれ」の一歩手前だったのかなと思ってしまいました。





スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/06/01(火) 21:01:56|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日286】 観光庁のアンケート | ホーム | 【日々是好日285】 それ、ホンマにできるんか?>>

コメント

中央アルプス麦草岳周辺の情報ですが,今年は5月に入って数日かなりの降雪がありましたので、思いのほか積雪があります。この時期、天気が良い日は残雪の山を存分に楽しんでいますが、午前9時以前と午後3時以降の北面や岩陰の雪面は氷結しています。八ヶ岳とは状況が違うでしょうが、6月中の3000m級の山へはアイゼンを持参したいものです。
  1. 2010/06/04(金) 12:41:36 |
  2. URL |
  3. マイさん #-
  4. [ 編集]

マイさんさまへ。

昔の話ですが、冬靴・ピッケル・アイゼンを持って山に行ったのですが、実際はずっと運動靴で行動したことがありました。
雪が全然なかったのです。
友人と2人、テントやら何やら家財道具一式を担いでいたうえに使わない冬装備も。。。。
ザックの重いことと言ったら。。。。

今になっても笑い話です。
でもあのときに、もしも凍結した場所が出てきたら。。。。
朝起きたら、ぐわっと雪が降っていたら。。。。

「保険」装備としては重すぎるけれど、あれはあれでよかったのかな・・・。
今ではそう思います。

案の定、2日後に降雪があったと後に聞きました。

6月中の3000メートル級へのアイゼン持参。
やはり選択肢の一つとして考慮しておいた方が良さそうですね。
ありがとうございました。

  1. 2010/06/04(金) 21:33:06 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/583-1e4aa0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。