山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ33】 白馬岳山スキーの3人死亡

【概要】
北アルプス白馬岳(2932メートル)に登山に向かった男性3人パーティーが下山予定日を過ぎても戻らないと、所属する山岳会の代表が4日、長野県警に届けた。3人は千葉県白井市、県立高校教諭の男性(47)、東京都葛飾区、会社員男性(56)、東京都豊島区、会社員男性(32)。いずれも京葉山の会に所属しており、1日から1泊2日の予定で猿倉から入山。白馬尻で幕営し、山スキーなどをするために白馬岳に登ったという。4日から捜索が続けられたが、雪崩の痕跡が見つかっただけで手がかりはなく、6日に捜索が打ち切られた。7日の昼ごろになって、白馬岳北東3キロの小蓮華山(2769メートル)山頂から約50メートル東の稜線上で、別の登山者が3人の遺体を発見、110番通報した。白馬岳周辺は2、3日は風が強く、雷が鳴るなど荒天だったという。

【考察】
春の大雪渓、山スキーにはいいところです。
白馬尻ベースでピストンする人も多いです。
それほど危険な印象はないコースですが、3人が亡くなりました。

2日の天気図を見てみると、荒天は明らかです。
060402天気図

悪天候なら行動中止にすべきだったでしょう。
標高を上げていなければ、白馬尻からの撤収は難しいものではありません。

次に、白馬岳頂上から小蓮華山と大雪渓は反対方向になります。
これからすると、道を間違えた可能性が高いようです。
悪天候で視界がないときほど、コンパスやGPSは頼りになるものです。
少なくともコンパスで方位を確認していれば、正反対の方向に行くことはなかったと思われます。
このあたりに原因があるとしたら、初歩的なミスと言えそうです。

なお、もう一点、雪崩について。
今回は雪崩の跡も捜索されました。
4月でも、大雪渓には支沢からの雪崩が起きます。
ゴールデンウィークですら雪崩れたのを見たことがあります。
春になって雪が落ち着いてきていることは間違いありませんが、依然、雪崩の危険は残っているのです。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/04/08(土) 12:53:42|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日18】 白馬岳の思い出 | ホーム | 【遭難カルテ32】 鈴鹿・藤原岳で夫婦重傷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/77-37be43eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。