山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 1日目】 2月11日 麦草へ-入山

2月11日、未明。
暗闇の木曽駒高原親和スキー場で、今回の相棒、イナさんと合流。
できたて1週間の権兵衛トンネルを抜けて、伊那谷へ。
かなりいい道で、トンネルを抜けると、伊那谷の夜景が広がった。
以前は塩尻経由だったのでストレスなく抜けられたのだ。
駒ヶ根まで高速で移動。
菅の台の駐車場で仮眠。
自動ゲートになっていたのには驚いた。

朝一のバスでロープウェーへ。
山ヤばかりで、結構人数が多い。
そして、平均年齢が…60を越えているか?

ロープウェーを下りれば千畳敷。
例年通り、労山の雪崩講習が開かれており、かなりの人。
そばを食ってだらだらして、それから出発。

トレースをたどり、稜線へ。
毎度ながら、つらい登りだ。
稜線に出ると、まあまあな風。
天狗荘の影で風を避けて休憩。

その後、中岳、木曽駒を越える。
毎度のことなので、写真すらとらず、休憩もせず。
もっとも、ガスっていたうえに、風が冷たかったので、止まる気もしなかった。

玉の窪めがけてどんどん下る。
千畳敷~玉の窪、約3時間。
小屋の吹き溜まりを利用して、雪洞掘り。
途中、小屋の石垣につきあたってしまうが、まあまあな穴が出来る。
狭すぎず、広すぎず、ほどほどの高さ。
天井からの滴りも、ほとんどなかった。
穴掘りにかかったのは約2時間。

穴の中はろうそくだけでかなり明るいが、お約束の酸欠に…。
ろうそくが消えると、かなり寂しいものだ。

適当にメシを済ませ就寝。
なかなかあったかくて快適な夜だった。


つづく。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/17(金) 20:31:30|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ5】 八ヶ岳で雪崩 5人死傷 | ホーム | 【日々是好日2】病院通い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/8-010d1914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。